契約者や被保険者の万が一を保障する

学資保険って知っていますか?

学資保険は、子供の教育に必要な資金を貯蓄するための商品として開発されたもので、終身保険や養老保険などの死亡保険と同じく、生命保険に分類される保険です。
保険会社によって異なりますが15歳、17歳、18歳、20歳、22歳などの子供の進学年齢に合わせて満期の時期を決め、満期を迎えた時に契約した「教育資金(満期返戻金)」を受け取ることができます。
一般的には契約者は親(3等親以内の親族まで認めている場合が多い)、被保険者は子供という形態で加入します。

契約期間途中に契約者が死亡や高度障害になった場合は、それ以降の保険料の支払いが免除されたうえに、満期時には契約した満期返戻金の全額を受け取れるのが学資保険です。
学資保険には、教育費の積み立て準備だけではなく、契約者や被保険者の万が一の場合の保障に重点をおいたタイプの商品もあります。
そうした中では、「子供が病気や怪我をした場合の保障に重点をおいたタイプ」への加入者が多いようです。

このように、学資保険は、商品開発当初の「子供の教育資金を貯蓄する」ためだけのものではなく、「子供の万が一のときに備える」ための資金確保手段として利用する人も増えてきました。
なお、育英年金、子供の医療費、死亡給付金などが支給される、保障の充実したタイプの学資保険の場合は、満期時の金額が掛金の額を下回りますので注意が必要です。

Menu