契約者や被保険者の万が一を保障する

学資保険と普通の保険とは何が違う?

学資保険には、「貯蓄型」と呼ばれる教育資金を積み立てることに重点を置いたタイプのものと、「保障型」と呼ばれるタイプのものがあります。
この保障型の学資保険には、普通の保険のように「医療保障」や「死亡保障」が付いていますので、その点では学資保険と一般の保険との違いはありません。

しかしながら、学資保険は子供の未来のために「教育資金の準備をしていく」ことを目的に開発されたものです。
ですから、学資保険で重点が置かれているのは「貯蓄」であり、それを基本とした上に生命保険が持つ「保障」の機能が付けられたものなのです。
保障型の学資保険には、子供の医療保険や生命保険が付いているタイプのものがあります。

色々な遊びや体験をする中で、子供が怪我をすることは、いたって当たり前のことです。
また、子供にも万が一といった事態が起こりかねません。
こうしたことをから医療や死亡の保険が付加されるようになりました。

なお、子供の生命保険だけではなく、親の生命保険が付いているものもあります。
このように子供や親が万一の場合の保険が付いている学資保険は、一般的に月々の掛け金が高くなっているようです。
また契約者が支払期間中に死亡または高度障害状態になった場合の保障が付いているものの場合、満期になって受け取れる金額は、支払った掛け金総額より少なくなる可能性が高くなります。

Menu