契約者や被保険者の万が一を保障する

加入できる期間はいつ?

加入が認められる年齢は、一般的には0歳から小学校入学前の6歳までで設定しているところが多いようです。
こうした中で、妊娠140日以降であれば契約できる商品も出てきました。
昔は、「子供が生まれたらなるべく早く学資保険に加入するのが良い」と言われていましたが、近年は、「妊娠が確認されたらすぐに学資保険に加入するのが良い」とさえ言われます。

なぜかというと、誕生前でも被保険者として加入を認める保険会社がでてきたこと、加入が早ければ早いほど月々に支払う金額、すなわち掛金を少なくできる(月々の負担が少なくなる)ことからです。
また、支払い期間が長くなって積立配当金が多くなり、返戻率も高くなるからということもあります。
そのこともあって、特に貯蓄を目的として学資保険へ加入するのであれば、妊娠が確認されたらすぐに学資保険に加入するのが良いということができます。 

また、加入が認められる年齢は保険会社によって異なりですが、一般的には0歳から小学校入学前の6歳までで設定しているところが多いようです。
しかし、遅くても幼稚園や保育園に入る前に加入を済ませておくのが良いでしょう。
0歳から加入できる学資保険に、0歳で加入するのと6歳で加入するのとでは、払込み期間に6年もの差が発生します。
そのことで、月々の支払い金額に大きな違いが出てくるからです。

なお、保険会社によっては、胎児の保険加入を認めるようになってきました。
妊娠140日以降であれば、その子供を被保険者として契約できるのです。

Menu