契約者や被保険者の万が一を保障する

解約はいつでもできますか?

解約返戻金は、それまでの払込期間や特約の有無が関係しますの、契約の際に確認しておくことが大切です。
学資保険は保険の一つですから、生命保険やその他の保険と同じように、いつでも解約することができます。
現在、保険会社の場合、契約者や利用者からの問合わせや連絡などはすべて「コールセンター」と呼ばれる窓口を通じて行われるのが一般的です。
その為、次のような手順が必要になると思われます。

まず、契約保険会社の資料やホームページを利用してで連絡窓口(コールセンター)を調べます。
その後、窓口に電話をして「解約したい」との連絡を入れます。
この連絡の際に、必要な書類や具体的な手続き方法を伝えてくれますから、それ以降は、コールセンターからの指示に従って進めてください。

なお、解約の申し入れをする際には、本人確認のほか保険証券番号や契約内容などを質問されますから、必ず「保険証書」を手元において連絡を入れるようにしましょう。
学資保険を解約すると、それまでの掛金の一部は「解約返戻金」として返戻されます。
しかし、途中解約の場合の返戻金は、掛金を支払った期間が関係しますので、7年以下の短い期間の場合には、掛金よりも解約返戻金の方が少なくなるのが一般的です。
しかし、契約に特約を付けているか付けていないか、によっても金額に差がありますので、加入する際に、途中解約をせざるを得ないような事態が発生した場合のことも考えて確認しておくことが大切です。

Menu