契約者や被保険者の万が一を保障する

教育費どのように確保すればよいか?

子供が成長すると、教育費が必要になってきます。
小中学校の場合でも、私立に行くとなると教育費は非常に高くなります。
では、この教育費をどのようにして確保すればいいのでしょう。

インターネット上には、ファイナンシャルプランナーやライフプランの専門家から、さまざまな貯蓄方法が提案されています。
そこには「銀行積立」「株や投資信託、不動産投資の運用」「保険の活用」といったものから「共稼ぎによる家計収入増」「祖父母に頼る」といったものまであります。
これらの提案でほぼ共通しているのは、「給料や銀行口座から自動的に引き落としされる方法での積立て」と「固定費を削減して、その削減額を教育費の積立てに充てる方法での積立て」の合わせ技で積み立てていく方法です。

具体的には、学資保険、貯蓄預金や定期預金で積み立てながら生命保険や住宅ローンなどを見直し、固定費を削減して教育費の積立てに充当するのです。
学資保険は、貯蓄型プランを選びます。
それは、貯蓄型の学資保険の中には返戻率(支払額に対する満期金の戻ってくる割合)が110%程度のものがあり、この低金利時代には魅力的商品だからです。

どのような方法で教育費を確保するにしても、いつまでにどれくらいの金額が必要なのか、を計算してして計画的に貯めて行くことが必要です。
そして、積立をできる限り早めにスタートさせなければなりません。
スタート時期が遅くなればなるほど、家計の負担が増えてしまいます。

Menu