契約者や被保険者の万が一を保障する

学資保険のメリットにはどのようなものがあるか

学資保険は、「預貯金」と「生命保険」の2つの機能を持っている保険です。
しかも、預貯金や生命保険の良いとこ取りした上に、税制上の優遇措置を受けることができる商品です。
これが、単一機能だけの「貯金」や「生命保険」と比較した場合、メリットを生み出す要因になっています。

1つめのメリットは、学資保険の払込みを免除される場合がある点です。
契約者(一般的には親)が支払期間中に死亡や高度障害状態になるような万一の場合には、それ以後の保険料支払が免除され、保険金を受け取る時点では予定の満期金が受け取れるというものです。
預貯金などの場合には、そうした支払免除の機能はありません。

2つ目のメリットは、運用が順調な保険会社の場合には、支払い保険金に対し10%程度の利息をつける場合があります。
これは、学資保険が「貯蓄」機能を持っているからに他なりません。

3つ目は、保険に加入する時点で、子供が何歳の時にいくら貯まるのかが明らかになりますから、家族全体の将来設計を描きやすくなります。
この他、税制面で優遇措置の対象にもなることがあります。
払込済み保険料に対し、一定の金額が契約者の所得から差し引かれる「生命保険料控除」の対象になるのです。
また、受け取る満期金は「一時所得」の扱いになりますから、所得税や住民税が軽減されることになるのです。
さらに、積立金に対する利息は、銀行などの普通預金と比べて利回りが良いこともメリットと言えるでしょう。

こちらには、学資保険の特徴が載っています。
また、多くの保険会社からどの会社の学資保険に加入すると良いのか、いくつかの会社の学資保険を見比べるときに比較すると良い点がhttp://www.couturecult.com/company.htmlに載っていますので参考にしてください。

Menu