契約者や被保険者の万が一を保障する

子供の未来を応援するために、親ができること

子供の未来を応援するために、親は何が出来るのでしょう。
子供は母の乳で育ち、家庭でしつけられ、保育園や幼稚園、義務教育を通じて学び、高校・大学でさらに学ぶ、ということを経て、未来を切り開く知識と技能を身につけます。
それを考えると、子供の未来を応援するために親ができること・親がやらなければならないことは、子供のために学ぶチャンスを整えることではないでしょうか。

簡単に表現すれば、子供が希望する教育を受けることができる準備を整えることです。
生活を賄う資金の準備は当然ですが、教育資金を確実に準備することが、子供の未来を応援する最大のテーマになります。
教育資金がないと、学校に通わせることさえ出来ません。

そうしたなかで、一番確実な教育資金の準備として行われているのが、学資保険による教育資金の積み立てです。
学資保険は一般的には貯蓄型保険で、子供が18歳や22歳になる時を満期に、それまで教育費として積み立ててきた掛金に応じて、保険金を受け取れるものです。
定期預金などとは違い、契約者が死亡したり高度障害者になったりした時には、それ以降の掛金が免除された上に、満期時には契約した保険金が受け取れます。

子供には無限の可能性があります。
そして、その無限の可能性を伸ばすために必要なものが教育です。
その教育を受けさせるために、親としてできる限りの応援をしたいと思うのは、当然のことではないでしょうか。

Menu