契約者や被保険者の万が一を保障する

年間費用で保険を選ぶ

学資保険を選ぶ際には、まずどのようなタイプ(貯蓄型・保障型のいずれか)の保険にするかを検討しなければなりません。
それに続いて、何歳満期で受け取り額がいくらの保険にするかを決定していきます。
この「何歳満期で受け取り額がいくらの保険にするか」を決定する際に忘れてはならないのが、契約者の支払能力です。

受け取り額が高ければ高いほど保険料も高くなるのですから、当然ながら保険料を支払う契約者の負担は大きくなります。
学資保険は子供の高校や大学(それぞれ入学から卒業)での教育費を満期時の受取り額に設定して、その額を積み立てる方式がとられており、プランによって金額は変わってきます。
一般的には、保険料は安いもので月額5,000円前後から、高いもので15,000円前後といった状況です。
(年間の保険料としては6万円から18万円)

この保険料を安く抑える方法の一つは、様々な保障が付かない基本プランだけの学資保険(貯蓄型)を選ぶことです。
また、さらに保険料を大きく抑えるためには「年払い方式」で保険料を支払う方法もあります。
この年に1回だけ支払う一時払いは、保険料を一番安くできる方法ということができます。

なお、保険料を年払いに設定した場合、「契約者が支払期間中に死亡したときは、支払った保険料は返戻されないケース」があるようです。
しかしながら、その可能性はかなり低いですから、保険料を低く抑えたいのであれば、これを選択しない手はありません。
こちらには学資保険の危険な落とし穴がいくつか紹介されています。
子供の将来のために必要な保険ですが、あまり知られていない落とし穴があるようです。
加入する前に是非ご覧ください。

Menu