契約者や被保険者の万が一を保障する

加入する前にプランをしっかり確認しよう

学資保険に加入する際、その保険のプラン全体を確認しないまま、保険料だけで決定しているケースが大変多いようです。
同じ保険会社の保険料の同じ学資保険であっても、保障内容に違いがあったり満期時に受け取る金額に違いがあったりといったことがあります。
これがプランの違いで、いわば学資保険の「設計図」の違いということができます。

「貯蓄と保障のいずれに重点をおく学資保険にするのか」「祝い金を付けるのか付けないのか」「返戻率をいくらで設計するか」といったことを組み合わせながらプランが出来あがり、学資保険が開発されるのです。
その結果、同じ保険会社の同じ保険料の商品であっても、掛金期間中の保障内容や、満期の時に受け取る金額に違いが出るようなことが発生するのです。

このプランをしっかりと確認しないまま保険料を払い続ける人が多いのは、たいへん困った問題です。
保険料を支払っている長い期間中には「祝い金を受け取れると思っていたが、加入した学資保険は祝い金のないプランだった」とか「子供の怪我の保障があるはずだったが、加入していたのは保障のないプランの学資保険だった」といったことが起こりかねません。
学資保険に加入する前には、必ずプランを確認するようにしましょう。

Menu