契約者や被保険者の万が一を保障する

保険会社選びのポイント

学資保険に入る際に、まず考えなければいけないのは、どこの保険会社を選べばいいのかということです。
満期が17年や22年も先のうえに、途中で解約すると元本割れしてしまう可能性が高いですから、加入する前にしっかり選んでおかないと、後悔するような事態が発生するということも考えておく必要があります。
学資保険の内容を見ると、それぞれの保険会社によって特徴があります。
ですから、特徴が契約者のニーズに合っていると思う会社のものを選ぶのが一番いい、と言えるのではないでしょうか。

ニーズに合った学資保険を選ぶためには、各保険会社のパンフレットやインターネット上に提供されているさまざまな情報などを利用して比較検討しなければなりません。
比較検討をする際に押さえておきたいポイントは、何と言っても保険会社の「信頼度」でしょう。
もし保険会社が破綻してしまうと、学資保険のような貯蓄型の保険の場合には、満期後に受け取れる金額に大きな影響が出て少なくなるからです。

比較検討しているときに「これだ!」思える学資保険があれば、その保険会社の「格付け」をチェックしてみることをおすすめします。
手間はかかりますが、財務状況を客観的に評価している「S&P」や「ムーディーズ」などによる格付けを参考にするのです。
長い期間にわたる契約ですから、この作業は定期的に実施したいものです。
加入する保険が決まったら次は契約するための準備に入ります。
学資保険の契約までの流れと契約するのに必要なものがこちらに載っていますのでご覧ください。

Menu