契約者や被保険者の万が一を保障する

支払い期間を調整できる利便性

学資保険の支払い期間というのは、加入時から満期までの期間です。
学資保険の満期は、一般的には大学入学の歳の年齢である18歳に設定されていることが多いです。
その為、原則として「18歳~加入時の被保険者(子供)の年齢」が支払い期間ということができます。

保険会社の中には、早生まれの子供のことを考慮して、17歳満期を選べる学資保険もありますので、その場合は「17歳~加入時の被保険者の年齢」ということになります。
もっとも、支払い期間ということでは加入月と誕生月も関係してきますから、上記はあくまでも概算式でしかありません。
最近では、満期年齢が多様化しています。

例えば、保険金を成人祝いとして活用できるよう成人時の20歳、社会人の門出に活用できるよう大学卒業時の22歳、に満期を迎えるように設定できる学資保険も増え、人気も高いようです。
しかし、20歳満期や22歳満期は、選択肢が増えることでは良いのですが「教育費のための」という学資保険の本来の趣旨からは、いささか外れているように思えます。

また、支払い期間が一層長期化するのですから、契約者の負担も大きくなります。
支払い期間は、被保険者が何歳の時に加入するのか、何歳満期の保険に加入するのかということで確定します。
ですから、契約者本人が、自分自身の人生設計をしっかりと考えて設定しなければなりません。

Menu