契約者や被保険者の万が一を保障する

多様化する学資保険の種類と仕組み

学資保険は、かつては郵便局でだけ取り扱われていました。
しかし、現在では、簡易保険のほかに様々な損保や共済でも扱われるようになりました。
その関係で、種類や仕組みも充実してきました。

「プラン」には「満期前の祝い金なし:契約時に指定した満期年齢まで祝い金なしで保険料を支払っていくもの」
「満期前の祝い金あり:18歳満期でも15歳時に入学祝い金が出るなど、途中で給付金が支給されるもの」
「各種保障付き:医療や生命・損害賠償、契約者死亡後の育英年金保障など、契約者の万が一に備えた保障が付いているもの」
などがあります。

次に「払込期間」では、通常は満期年齢をまでの期間を払込期間とすることが多いです。
しかし、教育費があまりかからないうちに保険料の払込みを済ませてしまうような「10歳払込済」といった仕組みの商品も誕生しています。
また「満期時期」も、どの時点で契約者が満期金を受け取りたいか、によって選択することができます。

例えば、被保険者が高校へ入学する前に受け取りたい場合は「15歳満期」で、入学直後に受け取りたい場合は「16歳満期」で契約すれば、それぞれ入学前や入学後に満期金を受け取ることができます。
このように、学資保険は、契約者(親)の収入や被保険者(子供)の将来設計などにあった商品を選ぶことが可能になってきました。
学資保険の対象年齢は赤ちゃんの頃から18歳までです。
10歳くらいまでは加入できるようですが、赤ちゃんのうちに加入しておくと良いでしょう。
その理由はhttp://www.fightindex.tv/zerosaikara.htmlにも載っていますが、子供が生まれてからだと毎日忙しくていろんな保険会社の学資保険をじっくり比較することが難しいでしょう。
なので、一番最適な保険を選べない可能性が出てきます。
また、満期でもらえる金額を設定している場合、0歳で加入すると満期までに18年ありますが、7歳で加入するとなると満期まで10年ちょっとしかありませんのでその分毎月支払う金額が大きくなります。
これらのことから、加入する場合は早めが良いといえます。
まずは、いくつかの会社のものを資料請求してみたり、学資保険の無料相談などを利用してみましょう。
あまりにも良いことばかりを言ってくるところもあるようなので、しっかりとデメリットも理解した上で決めていくというでしょう。

多くの保険会社では満期が18歳で設定されていますが、お子さんの誕生日によってはもっと早く満期の設定をしたほうが良いです。
その理由がこちらにかいてありますので、ご覧ください。



Menu