契約者や被保険者の万が一を保障する

出産前でも加入できるの?

まだ生まれていない子供(胎児)は、学資保険の被保険者になれるのでしょうか?
生前の子供の加入を認めている保険会社があります」というのが正解です。

一般の学資保険では、0歳の新生児から被保険者になれますが、特約として生前の子供の加入を認めている保険会社があります。
もちろん、それには条件がありますので、妊娠がわかればいつでも加入できるということではありません。
また、胎児の誰でもが被保険者になれるということでもありません。

生前の子供の加入を認めている場合の多くは、「出産予定日の140日前」からの加入を認めています。
その他、ある保険会社では、次のような条件が設定されています。
子供が複数で生まれた場合、契約時に指定した子供を被保険者とする(指定しなかった場合は戸籍上で先順位の子供)。
万一、子供が生まれなかった場合、契約は無効となる(すでに払い込まれた保険料は、契約者に払戻し)。

契約上の年齢は契約日に0歳で加入したものとして保険期間を定める。

出来るだけ早めに、できればお金のかからない出産前に学資保険へ加入しておくのは一つの考え方です。
しかし、新しい保障が次々と加わるような時代ですし、経済情勢が大きく変化してきそうな時代でもありますから、出産前に入れる学資保険があるからといって、安易な加入はおすすめできません。

Menu