契約者や被保険者の万が一を保障する

嬉しい「入学祝い金付き」のプラン

どの学資保険に加入するかを決定する際のポイントの一つに、「入学祝い金」を挙げることができます。
この入学祝い金は、あるタイミングで支給されるもので、保険会社によって違いがあります。
例えば小学校から大学までのそれぞれの入学時に支払われるプランがありますし、中学入学時や高校入学時だけに支払われるようなプランのものもあります。

入学時期というのは、教育資金が必要になりますから、そのような時に、まとまった祝い金をもらえれば家計も助かります。
なお、「いくらもらえるのか」は、保険プランによっても変わってきますし、保険会社によっても変わってきます。
では、祝い金があるタイプと無いタイプのどちらの学資保険が良いのでしょう。

祝い金は、結局のところ自分で積み立てた保険金が満期の前に戻ってきているのですから、満期時点で見ると大きな損得はありません。
しかし、入学時期の教育資金が必要な時に、資金の用意ができないということになると問題が生じます。
その為、もし用意が出来そうにない場合、入学祝い金はありがたいプランに違いありません。

ただし、最終的な返戻率については、祝い金が細かくあるプランの方が少し低くなる傾向があります。
これは、途中で祝い金に充当することで、積立金が目減りするからです。

また、満期保険金額が同じであれば、祝い金があるタイプの方が毎月の保険料は高くなります。
入学時期の教育資金が必要な時に資金が用意できそうにないのであれば、入学祝い金は嬉しいプランです。
しかし、貯蓄型の学資保険と比較すると、毎月の支払保険料は高くなります。

Menu