契約者や被保険者の万が一を保障する

今話題の保障プランを徹底的に比較

学資保険の基本は、子供の将来の教育費を積み立てる「貯蓄」プランです。
この貯蓄型プランに祝い金や医療保険など、契約者や被保険者の万一の場合に支援する機能、すなわち「保障」を付加した学資保険を、保障型のプランと呼んでいます。
まず、子供に対する保障としては、病気やケガ・入院や長期療養の場合の災害保障や医療保障です。
一般的な「医療保険」と遜色ない保障内容を備えた学資保険もあります。

次に、契約者に対する保障としては、死亡時に死亡保険金が支払われたり、満期まで育英年金が支払われたりする保障があります。
このような保障は、契約者にとっても被保険者にとっても大変大きなメリットであることに違いがありません。
しかし、当然なこととして、貯蓄型の学資保険より掛金が高くなるという問題が発生します。

保障が充実しているということは、その分、保険料の多くが保障部分へ割り当てられている可能性があるからです。
その結果、返戻率が、100%を大幅に下回るデメリットの可能性も考慮しなければなりません。
子供の将来のために「貯蓄型」を選ぶか「保障型」を選ぶかは、家計と相談しながら、あくまでも契約者が判断することが必要です。

Menu